秋葉原トーストマスターズクラブ 第11回例会

2010年11月10日(水)に、秋葉原トーストマスターズクラブの第11回例会を開催しました。

ハローウィンも終わって、年末に向けて町中にクリスマスツリーが飾られ始められだした11月10日に第11回目の例会が、我々TMC秋葉原の本拠地である秋葉原で開催されました。今回は、初TMOEをS井がさせていただきました。

緊張する中で、さっそく表参道からゲストでご参加いただいたT田さんによる「今夜の言葉」は「オタク」でした。
時代が変化する中でも、秋葉原という街が変わらずに昔からずっとコンセプトとしている言葉をズバリと提示されました。
「今夜の言葉」の後は、例会中のヘルパーの皆さんによる本日の役割の説明がありました。
役割の説明は、トーストマスターズの例会になじみのないゲストの皆さんにも
分かりやすく自分が例会で担当する役割の内容を伝える必要があります。
本日の役割について、自分の言葉で説明できるよう事前の準備を行うと人に正しく情報を伝える訓練になります。
続いては、テーブルトピックスです。テーブルトピックスでは、立川ゲストのF澤さんが最近の話題に関するテーマが出題され、「尖閣諸島問題」や「YOUTUBE」などを
話題として取り上げていました。
中々難易度が高いトピックでしたが、当てられたスピーカーの方は何とか苦労されながらも楽しい即興スピーチをされておりました。

そして、お待ちかねの準備スピーチです。今回の例会では会員によるスピーチ4本構成です。
1番目は、今回が2本目のスピーチとなるH谷さんの「縁の終わりは、縁の始まりかもしれない」でした。タイトルを見ると失恋の話かなと思いましたが、H谷さんのお婆様のお話で聴衆を魅了しておりました。

2番目のスピーチは、K村さんの「おいでませ!山口へ」です。K村さんの巧みな話術で大いに盛り上がりをみせていました。会員のビッグE藤さんは、K村さん「昔は神童と呼ばれて神童ぶりを発揮していましたが今は普通のおっちゃんです。」と巧みなジェスチャーを混ぜた名セリフで大爆笑されていました。

3番目は、Wさんの「10キロの道のり」で今年に目標達成をしたことと、ダイエット宣言をされていました。

最後のスピーチはY村さんの「~ペルソナ~3つの仮面を持つ私」でした。仕事中の私、TMCの中での私、恋愛中の私と仮面(ペルソナ)を三つあり、その中の恋愛中の私についてスピーチされており、1人2役で当時の恋人とY村さんの会話を再現されて、聴衆を大爆笑の渦に巻き込んでいました。

休憩の後、
結果発表がありました。

本例会の最優秀スピーカーは、Y村さんが取得されておられました。Y村さんのスピーチ目標は「上級マニュアルPJ1:楽しめるスピーチ」でした。スピーチ目標に忠実に聴衆を大爆笑の渦に巻き込んで楽しませていたことが優勝の理由だと思います。

今回は皆さまのご協力もあり、拙い司会ではありましたが何とか初TMOEを無事に遂行することができました。ありがとうございました。今後もTMC秋葉原を引き続き盛りあげていきたいと思います。

活動内容やこれまでの記録だけでは全てをお伝えしきれませんので、ぜひ一度見学にお越しください。

=> 今すぐ見学の予約をする

広告