20121014 DivisionC Table Topics(TM) English/Japanese Contest の模様 PART④日本語編

英語の部の興奮が冷めやらない中、16:30から日本語コンテストの開催です。
「あと一分で」「あと30秒で」「あと15秒で開始いたします」おお、いよいよですね。

英語の部、日本語の部ともにスピーチの計時係はN村さんと筑波TMCのO原さんが担当されました。

日本語の部の司会はK林さん。そしてアシスタントに飯田橋のH間さん。

5人のスピーカーが順次、コンテスト委員長Y田さんから出される共通の御題に即興スピーチをしていきました。その御題は
「あなたの座右の銘を、その言葉がご自分の人生にどう影響しているかとともに紹介してください。」

ラストスピーカーはT本Sさん。エリア31筑波TMCの優勝者のK上さんが欠席のため、2日前に出場が決まりました。会場前方のスピーチエリアに立って会場を見回すと、AKBメンバーをはじめ顔なじみの皆さんが笑顔で手を振ってくれたりで、非常に勇気づけられたようです。

5人のコンテスタントのスピーチが終了するや、審査が行われている間がインタビュータイム。インタビューアーはM山さんです。幅の広い低音ボイスで、よく間違われる名前を引き合いに出しながら、会場のみなさんの注意をひきつけてインタビュー開始です。

M山さん、真面目な表情で面白いことをおっしゃるので会場大爆笑。

5人のインタビューが終了すると受賞者発表です。優勝はパイオニアTMCのT橋さんで、ディビジョンCの代表として11月の全国大会に出場です。
そして、秋葉原TMCのT本Sさんが、Second Placeとなりました。

以下会長のK村さんのコメントです。

なんと秋葉原から、急遽代役でディビジョンC日本語コンテストに出場した、T本Sさんが第二位の栄冠に輝きました!!
これは、秋葉原代表としてコンテストへの出場者としての、過去最高の成績です!本当におめでとうございました。

受賞したT本Sさんのコメントです。

ハプニングの連続でコンテスタントとしてスピーチをする機会に恵まれました。スピーチポジションから、秋葉原トーストマスターズクラブのみなさんが手を振ってくれたり、笑顔で応援してくれるのを観て、本当に嬉しかったです。この場を借りてみなさまに厚く御礼申し上げます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。