2013年1月30日第65回例会報告 & 2013年2月6日第66回例会のお知らせ

第65回例会の報告です。

春のスピーチコンテストシーズンを前に
コンテスト出場者の資格基準となる6回の準備スピーチ経験をクリアする
メンバーを増やすことも狙って、今回は「スピーチマラソン」の企画例会で、
6本の準備スピーチのオンパレードでした。
このため「私のオタク情報」「テーブルトピックス」(即興スピーチ)のコーナーは
お休みでした。

出席者は秋葉原クラブの会員が19名(来月入会式の2名含む)、他クラブ会員ゲスト1名
見学のゲスト2名の総勢22名でした。
年度末に近づいてゆく時期で、みなさん忙しく予定の調整も難しい時期です。
2013-01-30 19.37.33そんな中で、今夜のトーストマスター(例会を取り仕切る総指揮者)の
N城さんの事前の企画から修正、当日の役割変更など華麗なるハンドリングで
例会が進行してゆきました。
各役割を担当したみなさんも、当日指名もあったりでしたが
2013-01-30 19.37.46何の苦も無く見事に進行させていくのが、今の秋葉原のメンバーが伸び盛りであることの証拠のひとつでもありますね。

準備スピーカーのスピーチタイトルとスピーチプロジェクトの番号とタイムをお伝えしましょう。
2013-01-30 19.45.251.「教えてください!」 CC#01 T瀬さん 5:13

2.「生きる!ということ」 CC#05 N津さん 7:182013-01-30 19.58.20

3.「二本の脚で生きる」 CC#05 SKさん 6:402013-01-30 20.02.29

4.「野性を輝かせる」 CC#06 T本Sさん 7:142012-09-09 11.48.47

2013-01-30 20.24.095.「滅びしものは懐かしきかな」CC#8 K藤さん(他クラブゲストスピーカー)7:10

6.「被害者が加害者に」 CC#09 Y田さん 7:552013-01-30 20.34.03

「スピーチマラソン」の企画にふさわしい、熱のこもったスピーチ満載でした。
2013-01-30 19.37.41スピーカーはそれぞれの指定されたプロジェクトのテーマを達成するために
ふさわしいネタを揃えて、聴き手になるほどと思ってもらえるような調理を
施してくれました。投票タイムは、美味しいレストランのどのシェフの料理を選ぼうかというような状態でした。

2013-01-30 20.59.33休憩をはさんで準備スピーチにたいしての論評が行われました。
1.K村さん→T瀬さん3:23
2.T内さん→N津さん 3:29
3.K下さん→SKさん 4:04
4.KO林さん→T本Sさん 3:20
5.T賀さん→K藤さん 5:572013-01-30 21.03.23
6.I藤さん→Y田さん 2:352013-01-30 21.08.19

例会を総括して良い点、改善すべき点をコメントし、次回以降の例会の更なる2013-01-30 21.17.12
進展のための提言を行ってくれたのが総合論評 を担当してくれたN村さんです。
いろいろな提言があった中で、メンバーのみんなを「おお、なるほど」と特に大きくうなずかせたのが、今夜の言葉をより沢山使われるようにするための提案でした。N城さんが提示した今夜の言葉どおり「盛り沢山」の内容でした。

表彰タイムで選出された方々は以下のとおりです。

最優秀論評賞:T内さん
最優秀スピーチ賞:SKさん

集合写真とりましょうか!2013-01-30 21.21.53
【連絡事項とゲスト感想】
・キャンペーンについてのご案内(Y田さんとT賀さんより)
・なんとなんと!ゲスト2名が入会表明です。

第65回例会は第5週目開催でした。第66回例会は第1週に行われますので一週間後の開催です。
とはいえ、この記事のアップが日曜日となってしまったので、あと3日後にみなさまにお逢いできますね!
例会を取り仕切るトーストマスターは、秋葉原トーストマスターズクラブの立ち上げの祖である
O江さんです。楽しみですね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。