2017年2月15日第181回例会のもよう

2017/2/15(水) 19:30~21:30、和泉橋区民館にて第181回例会を開催しました。

今回の例会は、半年に一度のスピーチのコンテスト。出席者は約40名、大変盛況なコンテストとなりました。

コンテスト出場者9名による、素晴らしいスピーチの競演となりました。
img_0235

【表彰の部】
・1位:Eさん
・2位:Sさん
・3位:Hさん


最後に、見学の方から、「コンテストスピーチを聞いて圧倒された」、「自信を持ってスピーチをしててカッコ良かった」などのご意見をいただきました。

また、例会後の二次会(近所の居酒屋にて自由参加)も多くの方が参加し、コンテストの感想を意見交換するなど大盛況でした。二次会の最中、見学の方から入会希望のコメントをいただきました。一緒に真面目に楽しく、学んでいきましょう!

【次回例会のご案内】
■第182回例会(スピーチと論評を多めに行います。テーブルトピックス(即興スピーチ)は行いません)
日時:3/1(水)19:30~21:30
場所:和泉橋区民館(アクセス
ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。
見学予約

2017年2月1日第180回例会のもよう

2017/2/1(水) 19:30~21:30、ふれあい会館にて第180回例会を開催しました。

出席者は約25名で、大変盛況な例会となりました。

【今夜の言葉】 Tさん 「織り込み済み」

【準備スピーチ】
1. 「私のタブー」CC#1 アイスブレーカー/ Mさん(5:54)
学生時代は人前で話すことがほぼなく、苦手だったが、社会人になって人前で話せないのはかなり不利であると感じた。自分を成長させるのは、自分のタブーをどれだけ減らせるかということ。自分の「タブー」、「壁」を1個でも減らせていければ普段の仕事ももっと楽しく、もっと幸せになれると思う。このトーストマスターズクラブという環境を使って、即興スピーチ、楽しいスピーチができるよう頑張っていきたい。
P_20170201_194803.jpg

2. 「字をきれいに書くということ」CC#4 表現方法/ Uさん(5:49)
仕事で上司から「字が汚い、なんて書いてあるのか読めない」と言われたことをきっかけに、字をきれいに書くにはどうすれば良いか考えるようになった。字をきれいに書くために2つの訓練をしている。1つはボールペン字の本を購入し、ノートに書いて練習している。もう1つは朝日新聞のコラム「天声人語」をノートに書き写している。字をきれいに書こうとする意識がうまれ、上司から指摘を受けなくなった。また、スピーチの構成を考える際にも役立っている。普段は汚くても良いが、ここぞというときにきれいな字が書けるようになっていたほうが良い。

3. 「待ちきれないZ」CC#5 ボディランゲージ/ Iさん(7:01)
スピーチタイトルの「Z」は「ゾンビ」のZ。ゾンビが登場する、「ウォーキングデッド」というドラマが好きで、2月の放送が待ちきれない。「Zネーション」という別のゾンビドラマも好き。「ウォーキングデッド」はヒューマンドラマであり、「Zネーション」はアクション要素が強い。ゾンビの話をもっとしたかったが資料を忘れたので仕事のぐちを話します。お客様から理不尽に怒られ、むかむかしている状態が続いたが、取引を管理している会社に不正を指摘し、そのお客様は取引停止にしてもらうことができ、スカっとした。
16508224_871689622933886_3467978533418962094_n.jpg

4. 「褒め方」AC(ユーモアのあるスピーチ)#1 聞き手の気持ちを盛り上げる/ Uさん(7:13)
他の人との会話が子供の頃から苦手で嫌いだった。社会人になってからも苦手だったが、2回目の転職が転機になった。よく上司に飲みに連れていってもらえ、その上司は、会話や人と目を合わせることが苦手な自分を褒めてくれた。褒められて悪い気はしなかった。そんな上司とのやりとりは、最初はYes/Noで答えられる質問が多かったが、次第に「どうして?」という原因を聞く質問が多くなってきて、ぶつぎれだった会話が長く続くようになってきた。後になってそれはトレーニングだったんだと気付いた。それ以降、お客様との会話も続くようになり、シャイだったのが業務の上ではなんとかクリアになった。相手を褒めつつ、Yes/Noで答えさせる質問から、「なんで?」という質問にもっていくと会話に自信がついていく。褒めることがコミュニケーションの全てではないが、1つの重要なやり方だと思った。
P_20170201_200223.jpg

5. 「桃太郎」CC#7 トピックのリサーチ/ Oさん(7:12)
桃太郎を、被害者である鬼の側から考えてみる。ある日突然、桃太郎、犬、猿、きじという4人の「ならずもの」に村が襲われ、暴行を受け、金品を強奪され、村中荒らされた。「鬼が悪いやつ」とは誰が言ったのか、、、鬼は本当に泥棒していたのか、、、それは桃太郎が言っているだけ。鬼の側からみたら、知らない人がいきなり村に襲撃してきて強奪されたということになるのではないか。桃太郎の話は数百年前の話で、「自分や自分の家族さえよければよい」という話にも見える。現代はグローバル社会であり、自分たちだけで生きてはいけない。自分とは違う人たち、違う宗教の人たちもいるが、排除するのではなく、共存していくべきで、「桃太郎」はそういったことの半面材料として使えるのではないかと思う。
P_20170201_201326.jpg

【テーブルトピックス】(即興スピーチ)
Yさんから、
「やめなきゃいけないのにやめられない悪い習慣は?」
「おすすめの旅行先は?」
などのお題が出され、指名された方はその場で考えて即興スピーチでこたえました。

【論評】
トーストマスターズには先生がいません。その代わり、メンバーが準備スピーチや例会全体を論評(評価)します。
「成長していきたい、という思いが伝わってきた。」
「全体の構成が良く、話がつかみやすかった。」
「しめ、まとめが弱かった。日頃の練習の成果をもっとアピールすると良い。」
など、良かった点、改善点を言及しました。

【表彰の部】
・最優秀テーブルトピックス賞:Kさん
・最優秀論評賞:Hさん
・最優秀スピーチ賞:Uさん
img_1066

最後に、見学の方から、「スピーチだけでなく、【聴く力】についても興味が出てきました。入会します!」とのコメントをいただきました。一緒に真面目に楽しく、学んでいきましょう!

【次回例会のご案内】
■第181回例会(スピーチのコンテストを行います。テーブルトピックス(即興スピーチ)、論評は行いません)
日時:2/15(水)19:30~21:30
場所:和泉橋区民館(アクセス
ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。
見学予約