2020年5月20日例会のもよう

5/20、秋葉原TMC第272回例会(オンライン)が行われました。
秋葉原TMCとしてはオンライン例会は4回目となります。不当初は戸惑うこともあったのですが、4回目ともなると大分慣れてきたようで・・(笑)多少のトラブルがあっても慌てることなく皆で乗り切れるようになってきました。コロナに”悪戦苦闘”している日本を吹き飛ばす盛り上がった例会となりました〜(^。^)

第272例会
【主要役割】
TMOE: Mさん
今夜の言葉:Hさん 「悪戦苦闘」

【準備スピーチ】

1.「コンテストを振り返って…」#CC9 パワフルな説得 Y(K)さん(5:46)

エリアコンテストに挑戦した際に、悪戦苦闘しながら得た経験をスピーチ。ボーカルバラエティやボディランゲージをいつも以上に意識することができた。仕事でクライアントの前で話をする際に自信をもって話すことができた。同じスピーチを何度も行う経験。同じスピーチで何度もコメントシートをいただける、それが宝物になるほどありがたい。自分をふりかえるきっかけになる。挫折に対してどのように向き合い、どの様に乗り越えたかを考えることになった。結果、自信のストーリーをつたえるストーリテリングを構成する力を身に着けられて、キャリアアップや今後の活動でも役に立てることができると思う。

2.「受け取られる、イメージの違い~声の力~」効果的なコーチングL3 ボーカルバラエティについて Aさん(6:23)

声を聞いてどのように感じたか。電話に出る時は明るく出るように教えられ、それから数年後、自分に電話をかける方々が驚いていることがわかるほど、勢いよく電話に出るようになった。電話越しの声は低く感じ取られてしまうので、明るくした方が良い。「ありがとう」の言い方を、声の出し方とスピードの工夫で実演。口癖だった「すいません」を「ありがとう」に変えた。声のトーンの出し方の工夫のしかた。自信の持てないところを強調し、一拍置く。そして、心をこめましょう。

3.「50の手習い」#CC8ビジュアルエイド Y(T)さん(7:53)
「時代が変わる」をキーワードに、コロナ革命とAI革命後にどのようにすればいいのか?どの様なスキルを、どの様に学ぶか?スキルは専門家に聞きましょう、どの様に学ぶかが大切である。計画を立てて目標に向かって真っすぐ達成していけばよい…できれば…できない自分が50歳を過ぎて英語を学んでいる。たまたまトーストマスターズに入ったら学びたくなり「なんとなく始めた」お金を出して学ぶのはもったいない、面倒くさい。通勤中に英語を聞いている、だらだらと発音してだらだら聞いてだらだら学んでいる。私なりに結果がでている、英語スピーチで2年連続参加賞。英語の審査員から発音がよくなったとほめられた。同じカリキュラムを何度も繰り返す。

4.「コロナ後の私の歩き方」リサーチとプレゼンテーション ダイナミックなリーダーシップ S(Y)さん(6:29)
NHKスペシャルっぽいこだわりのスライド。65.2%が希望していること⇒テレワークに関して、労働組合員の約65%が週2~3回のテレワークを希望。自分もテレワークを続けたい。69歳までOKだが、47歳はNG⇒生活習慣病を患っている自分が献血で断られた。不摂生で断られてしまい恥ずかしい。改善できる病気なので時間をかけて、いつか献血をするためコロナ後もがんばりたい。測定不能だが、増えている⇒インサイドセールス、オンライン会議や資料メールで営業を完結。自社製品の魅力の伝え方がカギ。オンライン上での話し方の向上が必要。

【テーブルトピックス】(即興スピーチ)
テーブルトピックマスター:Tさん

  1. 「ありがと”キラ”のストーリー」 Kさん@所沢・東京論評 1:57
    仕事で何人の人から大変!と報告もらって、大したことないじゃんと思ってしまうが、ありがとうを忘れないようにしたい。フェイクスマイルでも、傾聴スタイルとありがとう。を心がけたい。
  2. 「ダラダラ続けている趣味」 Yさん 1:37
    英会話。スキルアップ目的だったのが、出会いがよく。英語はブロークンでも通じ合えることがわかってしまったが、人との出会いのため英会話を続けている。
  3. 「あなたのクラブでコロナの前後の変化」 Sさん 神奈川クラブ 2:14
    オンライン例会が増えた。オンライン例会に参加してみたら面白く5月は25回でる。自粛が始まってダラダラしていた生活だったが、やってみたら面白かった。
  4. 「次回の全国大会でスピーチをするとしたら?」 H(K)さん1:32
    神輿のスピーチをブラッシュアップしてスピーチしたい。秋葉原や、他クラブでもスピーチをしたが、評判がよく。
  5. 「コロナが収束したら楽しみたいこと」 Oさん@桜坂 1:52
    マーサさんのセミナーに行きたい。ユーモアは面白いことを言うのではなく、面白いことを見つけること。コンニャク体操、ジグリス?実際に参加してやってみたい。

【論評】

1.「Y(K)さんに対する論評」Eさん(2:46)
良かった点 ボーカルバラエティ&ボディランゲージ。内容を上手く体現していた。構成が良かった。わかりやすくまとめられていた。改善点 素直でさらっとした演出だった。パワフルな説得というテーマなのでもっと圧力をかけても良かったのでは
2.「Aさんに対する論評」Y(T)さん(3:04)
良かった点 ビジュアルのキャラクターの使い方が上手い。表情と言葉の使い分けが面白い。主張が明確であった。意識を声に込める。「ありがとう」を口癖にする試したくなる改善点 スピーチに出てきた登場人物に声色をつけて描写しても良かったのではないか。ビジュアルを利用しているので、文字の効果にも気を使うと良かったのではないか
3.「Y(T)さんに対する論評」Nさん(2:37)
良かった点 テーマが良かった。コロナによる時代の変わり目に行うタイムリーさ。AI⇒英語⇒だらだら続けるといった教訓めいた構成が面白かった。しゃべり方やビジュアルエイドや音楽も利用したデリバリーの豊富さ。改善点 時間オーバーしてしまった観点から、英語を習っていることに絞る。最後に英語を披露すると説得力が増したのではないか。
4.「S(Y)さんに対する論評」Iさん(3:23)
良かった点 高いプレゼン力。プレゼンしている新鮮さ。余計なものは語らないテンポが素晴らしかった。語りかけのスピーチ。淡々とさらりと進めていく中に爆弾発言があるのも面白い。気になったところ 数字をあげていたのに最後に数字が並ばない、テーマの共通性がゆらいでいるように感じた。


【総合論評】Uさん
会長の挨拶、TMOEの挨拶が時世と合わせて、場をなじませるように導入が上手かった。テーブルトピックはテーマに一貫性を持たせるように進んでいく。論評者はスピーカーに役立つように論評をしていた。ゲストの皆さま、テーブルトピックで素晴らしく盛り上げてくださった。聴き手は、オンラインなので普段よりオーバーにアクションをする必要があるのではないか?ビジュアルエイドが多くなってしまう。ZOOMをつかったスピーチができると良いのかと思う。


【表彰の部】

・最優秀テーブルトピックス賞: Sさん
・最優秀論評賞: Iさん
・最優秀スピーチ賞: Aさん

受賞の皆様、おめでとうございます!
今回はデジタルの賞状を受賞者の方々に後日お送りしました〜^_^

【次回例会のご案内】

次回の活動は6/3(水)19:30~21:30、オンライン例会となります。
緊急事態宣言解除後初の例会となり、CC10を含む4人の方々のスピーチが予定されています。
見学の申し込みは直前まで受け付けております。予約していただけると助かりますが、アポなし、飛び込みでも見学は可能です。

■第273回例会
日時:6/3(水)19:30~21:30
場所:オンライン(見学希望の方には別途アクセスIDをお知らせします)
ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BA%88%E7%B4%84.png

2020年5月13日第271回例会のもよう

2020/5/13 第271回例会が開催されました。今回の例会は通常例会に加えて来期の秋葉原TMCを引っ張ってくれる役員を選出する役員選挙も行われました。
役員選挙をオンラインで行ったのは秋葉原TMCの歴史の中では初めてです(^.^)

今回も24名の方々が参加され、大盛況のオンライン例会+役員選挙となりました〜!

第271回例会
【主要役割】
TMOE:Yさん
今夜の言葉:Oさん:「一風変わった」

【準備スピーチ】
今夜の例会は役員選挙が行われる都合上、スピーカー二人のミニ例会形式となりました。お二人だけですが、一人目は「情報を聴きたすスピーチ」というACのプロジェクトで全国大会を控えるディストリクトの役員の興味深い話をされたEさん、そして二人目は感動的なCC10の話をされたYさん、と大変含蓄のあるスピーチを披露されました。

【テーブルトピックス】(即興スピーチ)
テーブルトピックマスター:Yさん
役員選挙も控えているため限られた時間となりましたが、先ほどのスピーチをヒントにアドリブの効いたのお題が出され、3名の方に答えて頂きました。



【論評の部】
スピーカー2名に対してそれぞれ論評をして頂きました。
スピーチに対してフィードバック(論評)する、というトーストマスターズの特徴はオンラインでもしっかりと活かされれていますね〜



【表彰の部】
ベストスピーカー:Yさん
ベストテーブルトピックス:Kさん
ベスト論評:Sさん

受賞者の方々、おめでとうございます!!


【役員選挙】
ミニ例会のあとは、秋葉原TMC史上初!のオンライン役員選挙です!!
来期からの会長、教育担当、会員担当、会員担当、書記、広報担当、そして会場担当の方々がそれぞれ立候補の熱いスピーチを行い、無事に次期役員が選出されました。オンラインでの役員選挙って画期的ですよね〜(>人<;)
秋葉原TMCは来期も盤石です〜(^.^)


【次回例会のご案内】

次回の活動は5/20(水)19:30~21:30、オンライン例会となります。

見学の申し込みは直前まで受け付けております。予約していただけると助かりますが、アポなし、飛び込みでも見学は可能です。

■第272回例会
日時:5/20(水)19:30~21:30
場所:オンライン(見学希望の方には別途アクセスIDをお知らせします)
ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。

2020年4月29日270回例会のもよう

2020/4/29(水)、第270回例会が開催されました。コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて、秋葉原TMCではオンラインで例会を開催しています。オンラインにもかかわらず、26名の方々が参加されて盛り上がりました!

今回は「新人向けのオリエンテーション」と題して、トーストマスターズクラブの仕組みについてのプレゼンスピーチをメインとした例会でした。

【主要役割】
TMOE: Uさん
今夜の言葉:「可及的速やかに」:Kさん

【準備スピーチ】

1.「旧課程から新課程へ」
Successful Club Series The Toastmasters Educational Program:Hさん(15:15)
何のためにトーストマスターズで勉強しているのか?「人前で話す力をつける」、「自己実現のトレーニング」、「ネットワーキング、役員活動、他クラブとの交流、メンバー間での情報交換」など目的は人それぞれだが、目的を実現するためにトーストマスターズクラブにはマニュアル、教育課程がある。その教育課程が大きく変化する。今は新課程と旧課程が併存している。旧課程は6月で終わる。新教育課程の価値について説明。早期表彰によりモチベーションアップにつながる。


2.「動機づけする論評」
CC#9 パワフルな説得:Hさん(6:01)
私はこれまで、マニュアルに沿って8回スピーチしてきた。この度、マニュアルを読み返し、私に対する動機付けを皆さんがどのようにしてきたか振り返った。パワフルな動機付け1:褒めること。パワフルな動機付け2:論理的にスピーカーの話をまとめてくれること。パワフルな動機付け3:スピーカーのモチベーションを保ちつつ、改善点を指摘。


3. 「メンタリング」
Successful Club Series Mentoring:Yさん(8:40)
メンタリングとは育成、指導法の一つ、指示や命令とは違う。本人に気づきをもたらす存在。メンティーとメンターについて解説。メンター制度がもたらす効果、導入事例を紹介。トーストマスターズにおけるメンター制度について説明。メンターになったらするべきことを説明。私がアイスブレークの際にメンターに受けたアドバイスを紹介。メンターになることのメリットについて、メンター自身のメリット、クラブ全体のメリットにわけて説明。優れたメンターになるためのポイントを解説。


4. 「TMC役員について」
CC#9 パワフルな説得:Yさん(7:40)
TMC(トーストマスターズクラブ)には7つの役員がある。会長、教育担当副会長、会員担当副会長、広報担当副会長、秘書役、会計係、会場係の7つ。各役員について説明し、役員をやることで得られるものについても解説。


5. 「DCPポイント」
ダイナミックなリーダーシップ L3:Mさん(7:19)
トーストマスターズには「DCPポイント」という制度がある。「DCP」とは「Distinguished Club Program」の略で、「DCPポイント」は優秀なクラブを作るためのプログラムシステムのこと。優れたクラブとは、会員の目的を達成できる環境を提供しているクラブのこと。優れたクラブが満たす条件としては、「スピーチの機会が多いこと」、「役立つ論評がされていること」、「例会を開催するに足りるメンバー数が存在すること」などがある。評価期間は7月から翌年6月である。秋葉原クラブの評価獲得状況について説明。DCPポイントを多く獲得したクラブは、メンバーが活躍する環境を提供しているクラブである。DCPは目標ではなく、あくまでツール。例会を成功に導くポイントは、「時間を守ること」、「プロジェクトに沿ったスピーチ」、「多様性」、「楽しむこと」などが挙げられる。


6. 「クラブを超えて」
Successful Club Series Going Beyond Our Club:Hさん(12:11)
トーストマスターズクラブは、自分が所属しているクラブを超えた活動もすることができる。他のクラブにゲストとして出席できる。私は、昨年、20のクラブを訪問した。合同例会を開催することで他クラブの方と触れ合い、一緒に例会を開催し、ともに学び、ともに楽しめる。スピーチのコンテストもクラブを超えた活動である。クラブコンテストでも他クラブの方が多く出席される。エリアコンテスト、ディビジョンコンテスト、全国大会では他クラブの方と共に運営、開催しつつも、スピーカーは他クラブの会員とスピーチスキルを競うことになる。複数クラブに所属するのも良い。秋葉原クラブでは会員の4割は他クラブにも所属している。私は3クラブに所属しており、これらを通して、より多くのトライアンドエラーができ、知識経験が増える。また、何より楽しい。昨今、新型コロナの影響で、オンライン例会を開催しているクラブが多い。オンライン例会は、その場所に行かなくても良いため、参加しやすいのでおすすめ!!

【テーブルトピックス】(即興スピーチ)
テーブルトピックマスター:Eさん
画面に提示された写真、お題を見つつ、即興スピーチをしました。

1.「緊急事態宣言解除されたらまず何をする?」Yさん(0:42)
海に行く。埼玉県民は海を見るとテンションが上がるから。海でビールを飲んできたい。

2.「行方不明になったあの人は今何をしている?」Mさん(0:35)
太った身体だから、お菓子を食べながらYouTubeでも寝転がって見てるのでは。アザラシみたいに。

3.「アマビエを見るとどんないいことがある?」Yさん(0:57)
私はフランスパンに似ているらしいです。私を見ていると食欲沸くと思います。食欲旺盛で行きましょう。

4.「我慢の限界はどんなとき?」Kさん(1:32)
愚痴りたい。今日は家でゆっくりしていようかと思ったが、オンラインだし参加しようと。実は、今日一日ドラクエやっていたら家族に怒られた。ゲームやっているなら例会参加しろって。皆さんもなるべく身勝手しすぎないくらいで。

5.「10万円を誰にプレゼントするか?」Tさん(1:40)
飲食店の経営が厳しい模様。そういうところに還元していきたい。閉店している店も多々出てきているようだし。


【論評の部】
今回はプレゼンスピーチの多くの時間を割いたため、口頭による論評は割愛。書面論評を実施。プレゼンスピーチで良かった点、改善点を記載し、スピーカーにフィードバックしました。

【表彰の部】
優秀スピーチ賞:Hさん
最優秀テーブルトピックス賞:Kさん
最優秀論評賞:なし(口頭による論評がなかったため)

Hさん、Kさんおめでとうございます! 


【次回例会のご案内】
次回の例会は5/13(水)19:30~21:30、オンライン例会となります。次期クラブ役員を決める役員選挙が行われる予定です。通常例会とは違う内容になりますのでご注意ください。

見学の申し込みは直前まで受け付けております。予約していただけると助かりますが、アポなし、飛び込みでも見学は可能です。

■第271回例会
日時:5/13(水)19:30~21:30
場所:オンライン(見学希望の方には別途アクセスIDをお知らせします)
ご見学は無料です。メンバー一同でお待ちしております。

見学予約