2020年12月18日 第261回クリスマス例会のもよう

【日時】2020年12月18日(水) 19:30〜21:30
【場所】和泉橋会館
【出席者】<会員> 21名 <ゲスト> 1名

【主要役割】

TMOE:Iさん

前半の部:

【今夜の言葉】Sさん「嘗てない」

【私のオタク情報】Uさん
ストレス解消法として、大好きなゴジラ情報を調べている。ただし、海外のゴジラ作品を除いた、正統な29作品が対象。「シン・ゴジラ」の印象について。ゴジラ検定の資格も取得した。これからもゴジラの勉強をしたい。

【準備スピーチ】

1. 「みんなで台湾に行ってきました。」:効果的な視覚資料の作成/ MHさん(8:20)
12月7日に台湾の桃園のトーストマスターズを訪問。て、自分たちの乱れた日本語を再勉強したい、日本語を見直したいと感じた。国際化している中でなお日本語を学んでくださることに感謝。秋葉原トーストマスターズにも遊びに来ていただいて、国際交流したい。
2. 「オレンジリング」トピックのリサーチ/KYさん(6:54)
父親に認知症の兆候を感じ、認知症サポートキャラバンの講習を受講、オ
レンジリングを受けた。認知症はもの忘れや徘徊が特徴だが、怒ってはい
けない、分からなくなったことを責めてはいけないと学んだ。人間として
の尊厳は持っているので、それを責めると悪い方向へ向かってしまう。今
後増加する認知症を排除しないで欲しい。オレンジリングを受けて欲しい。

3. 「吐く」論評とフィードバック(最初のスピーチ)/YTさん(7:04)
パソコンのインストラクター業のころ、新入会員の説明会で、細かな見積
もりを手書きすることが嫌だった。代表に伝えると自分が改善することに
なり、Excelを駆使して自動化したが、自分以外誰も使わない、自己満足で
終わってしまった。だが、Excelの操作に自信を持てた。深呼吸は吐くこと
が大事。技術や知識と同じ。吸収した技術をアウトプットすべき。自分も
する。
4. 「しょぼい自分で生きて行く」 聴衆を楽しませるスピーチ/YSさん(6:47)
経営者の同級生のK君に偶然会ったが、比較してイケていない自分
に落ち込んだ。「しょぼい起業で生きて行く」という本で、草むしりなどと
いったコツコツつまらない仕事でもやったほうがいいと読んだが、昔不動
産屋で学生に不動産を紹介する仕事で、真面目との理由でほめてもらえた
ことがあった。真面目が自分の本質であり長所。ここまで前振り。
秋葉原トーストマスターズは来年10周年。10周年記念パーティーを企画し
て古いメンバーを呼ばないか。再会して、気づきがあるかもしれない。

続きを読む