4月20日例会写真館

4月20日の例会速報です。
通常の例会会場である千代田区和泉橋区民館が省エネ等の影響で当面夜間の使用中止ということで、代替会場となった喫茶室ルノアールでの開催となりました。







広告

第20回トーストマスターズ例会を振り返り

秋葉原トーストマスターズクラブ20回例会報告
2011年4月6日、震災で中止していた秋葉原クラブの例会がチャーター後初めて開催されました。通常の例会会場である千代田区和泉橋区民館が省エネ等の影響で当面夜間の使用中止ということで、代替会場となった喫茶室ルノアールでの開催となりました。
定刻の19時半に、近江会長のあいさつで開会。震災の時の様子その後の余震や計画停電など不安定な材料を抱えつつも、トーストマスターズの灯を消さずに頑張ろうというメッセージを伝えました。
この日の総合司会はわれらの教育担当副会長Y村さん。こういう危急の折には頼りになります。当初の予定では2本入れていた準備スピーチでしたがT森さんが急きょ病欠戸の知らせ。こんなときにも慌てず騒がず、余裕のY村さんでした。たぶんですけど。
いつもと違う会場というだけで、妙に緊張するものですが、さすがにそれも練習と実践スキルの練習。みんな楽しみながらスピーチを楽しんでいたようです。
即興スキルを磨くテーブルトピックスですが、この日はK林さんの司会の下、さすがに震災の話題に終始しました。
この日唯一となった準備スピーチはきしくもこの日を最後に郷里新潟へ戻ることとなったKら林さん最後のスピーチ。リメンバーと題して思い出の大切さ、春の匂いが好きなどと情感あふれるスピーチを披露してくれました。
論評は近江会長が務めました。当面のクラブ運営について出席した会員での意見交換も行われましたが、休日への移行などの選択肢もあったのですが秋葉原クラブはその名の通り
これまで通り水曜19時半から秋葉原を中心に活動していくことになりました。しばらくは1時間半野短縮バージョンとなります。これからもがんばりましょう。